ホーム > 社員の声 > 04 金融システムエンジニア

金融システムエンジニア

どんなシステムに携わっているのですか?

クレスコでは創業以来、銀行のシステム開発で強みを発揮していて、いまもなお銀行の裏側を支える多数の業務システムを日々開発し、保守・運用に尽力しています。私もその中の一人として1年目からメガバンクのシステムに携わり、現在では他社ベンダーが開発したプログラムを本番環境に送信するための開発支援システムに携わっています。私はその保守を任されていて、システムの根幹であるミドルウェアの設定とそれに伴うテスト、改善のための企画提案と実行、ユーザー向け運用ガイドの作成などを行っています。

※API:アプリケーションプログラムインターフェイスの略語。 プログラミングに利用する命令、規則、関数等の集合を指す。

これまで辛かったことはありますか?

開発支援システムの保守の仕事を任されたのは入社2年目。まだ新人気分が残る時期の担当3ヵ月目にクリティカルな障害が発生しました。「どうしてこうなった?」「今日中に復旧してくれ」とクライアントに詰め寄られるも、先輩からの引き継ぎでこのプロジェクトに入ったばかりで、システムに詳しい人は誰もいない状態。私は必死に手探りでコードを一行ずつ全部調べて原因を究明し、お客様の部長や関係者がズラリと並ぶその前で、一人で結果と対応を報告しました。なんとかその日のうちに復旧させることができ、その後1ヵ月掛けて根本的な改善を行うことで事態は収束。もちろんリーダーのサポートを得ながらの進行ではあったものの、任された領域に対して責任を持ち、お客様にとことん向き合い、完遂したこの経験を経て、一人のITプロフェッショナルとしての一歩を踏み出せたのだと思います。

仕事に対するやりがいや魅力ってなんですか?

これを機にお客様からは少しずつ信頼を築き上げ、今ではこのシステムの「一番の有識者」として認識をしていただくまでになり、責任ある仕事を任される緊張感と醍醐味を味わっています。現在のシステム規模はまだ小さいですが、基盤からアプリまでシステム全体を見られる点では、すごくやりがいのある仕事です。今後はより業務の核心にせまる金融システム開発を束ねていく存在に成長していきたいですね。

クレスコの作るシステムの特徴は?

クレスコの仕事は、人とシステムを繋ぐ仕事。人と話して生み出されるものが多いんです。

PROFILE

クレスコは、選考ごとに貴重なフィードバックをくれたことが印象的。「人を大事にする」と謳う企業が多い中で、実際に一人ひとりを見てくれている姿勢に魅かれて入社を決めたという。

入社1年目
メガバンクの開発プロジェクトに参加し、Web系機能開発を経験。
入社2年目
システムの保守を任される。技術スキルとしてJava、C言語、Shell、VB、ビジネススキルとして決断力、様々な場で発表する度胸を身につける。
入社4年目
掛け持ちで帳票処理システムも担当。今後はより業務に近いシステム担当を目指す。