ホーム > 社員の声 > 05 金融システムエンジニア

金融システムエンジニア

どんな金融システムに携わっているのですか?

入社以来、証券、銀行といった金融系システムに数多く携わってきましたが、現在はその中でも最も大規模なプロジェクトとなる、銀行のマーケティングシステムの開発に参画しています。これは勘定系や情報系システムに蓄積された膨大なデータ、たとえば顧客や取引データといった情報を活用するためのシステムで、新たなビジネス展開に向けたビッグデータ解析の源流をつくるという意味でも、お客様からの期待がとても高いんです。私は新米サブリーダーとして、システムの根幹を担うデータベース系の機能開発を詳細設計から携わっています。

この仕事のやりがいは?

今回の開発で特徴的なのが、実際のユーザーとなる銀行員の方と一緒になって開発を進めていること。新しい環境でどのようにデータを見せれば使いやすくなるかをディスカッションしたり、こちらの提案や開発方針、新しい機能について説明したり…、最近ではこうした場も自分なりの確信を持ってお客様やユーザーと対峙できるようになり、非常にやりがいを感じています。

今までどのように成長してきましたか?

振り返ってみれば、入社当初は、簡単なコードすら書けずに手痛いミスで迷惑をかけ(苦笑)、優れた技術力を持つ先輩、交渉力と説得力に秀でた上司に圧倒されるばかりでした。しかしクレスコでは、若い時から仕事を任せるカルチャーがあり、任せられた仕事をやりきったときの満足感は自分を成長させてくれました。また、一人で開発するのではなく、チームでお客様のために一丸となって目標に向き合う仕事のスタイルは、技術力だけでなく人と向き合う人間力をも高めてくれました。
今後も現場でより多くのことを学び、さらにビッグデータをはじめとしたデータベース系の技術スキルや金融の業務知識といった自分だけの強みを深めて、お客様や世の中に変化を起こすシステム開発に携わっていきたいですね。

クレスコの強みとは?

あきらめない熱意を持つ人が多いことが会社の挑戦する風土を支えているんです。

PROFILE

学生時代にアプリ開発を手がけ、1人では作れない大規模開発への関心から実績豊かなクレスコに興味を持つ。しかし最終的な決め手は、風通しの良い社風、親身になってくれた会社だったからだという。

入社1年目
証券会社の大規模プロジェクトやデータベースを扱う債券管理システム開発で腕を磨く。
入社2年目
証券会社のシステムでテスト支援を担当。金融系ならではの法規制に向き合う。
3つの銀行システムに携わり、上流工程や人の管理、英語でのやりとりを経験。
入社3年目
データベース系の経験を買われ、新しい銀行のビッグプロジェクトに新規参画。