ホーム > 社員の声 > 10 金融システムエンジニア

金融システムエンジニア

どんな金融システムに携わっているのですか?

メガバンクの融資業務に関わるシステムの保守・運用プロジェクトに参画しています。15年以上続いているシステムを受け継ぎ、先人たちが作成したプログラムを読み解き、新たなシステムへと改修を行なうことがメインの仕事です。
お金に関わるシステムのため、小さなミスも銀行にとっては大きな損失になりかねません。また、このシステムは最終的に銀行の貸し倒れのリスクを減らし、利益を上げることにも繋がっていますから、常に緊張感をもって業務に取り組んでいます。
さらに、銀行員の方が活用していただくシステムになるため、銀行業務の複雑なフローや専門知識を学び、同時にシステムが稼働するための仕組みや技術を学んでいくことが求められるため、非常に奥が深く、やりがいのある仕事です。

成長するきっかけとなったできごとを教えてください!

入社1年目の後半から、IT基盤更改案件を担当することに。ところが初めて触れる技術も多く、知識はほぼ皆無。周りを見回せば、自分よりも技術スキルの高いメンバーに囲まれ、自分の存在意義を見出せずに思い悩む日々が続きました。
そんなある日、お客様のチームに自分より若手のメンバーが参加することになり、指導とフォローを任されるとともに、IT基盤更改に向けたミドルウェアの調査を2人で担当することになりました。技術知識をゼロから猛勉強して、わかりやすい説明資料の作成、頻繁な声がけ、質問しやすい雰囲気づくりなど、得意のコミュニケーションで親身になって相手に向き合い続けた結果、技術力も自信も徐々についていきました。これを機に、お客様と向き合う際も、親身になってとことん向き合う姿勢を貫き、気づけばお客様から指名を得られるまでに成長しました。
最新技術に触れたり、人々の社会生活を便利にすることもやりがいの1つですが、そばにいる人たちに寄り添い、信頼関係を築き上げ、そこで生まれたチームで協力してゴールへ向かうことこそが、この仕事の醍醐味だと思っています。

今後の目標を教えてください!

私の所属する金融事業部における今後のミッションは、活発化する銀行のFintech※推進に後れをとらないよう、クレスコとしてもFintechサービスを世に提案し、会社の強みとすることです。その先駆けとして、若手を中心にFintechを学び、考え、提案をする勉強会を開催しています。
こうしたITトレンドはもちろん、幅広い技術や知識、仕事力の習得に力を入れ、会社全体を俯瞰して人を育てていく立場になっていきたいですね。そして、私を育ててくれたクレスコの良き風土を受け継ぎ、より進化させていくことで、最終的には、クレスコを従業員満足度1位のIT企業にすることが、私の目標です。

※Fintech:金融(Finance)と技術(Technology)を組合せた造語。ITを活用して金融、決済、財務サービスなどにイノベーションをもたらす技術やサービスのこと。

クレスコの強みとは?

常に目標を持ち、行動力があり「どんな場面でも活躍してやる」という意気込みに溢れた人がたくさんいること。

PROFILE

システム開発を通じてさまざまな業界に関わりたいと考え、金融、旅行、航空、人材、流通など、多彩な企業の基幹システム開発を行っているクレスコに惹かれる。最終的には、エントリー後に参加した「クレスコcafé(社員との座談会)」で感じた社員の人の良さが入社の決め手となった。

入社1年目
メガバンクの電子帳票管理システムや融資業務に関わるシステムの保守・運用プロジェクトを経験。学生時代に取得した簿記の資格が役立ち、金融業界に面白さを見出す。
入社2年目
これまでの業務に加え、要件定義などの上流工程にも携わる。少人数チームのサブリーダーも任せられ、メンバー管理も担う立場に。