ホーム > 社員の声 > PROJECT STORY 01

日本の旅行ビジネスをもっと進化させる 宿泊事業者向けポータルサイト構築プロジェクト

大手旅行会社の社運を賭けたビッグプロジェクトへの参画

「あのサービスをもう一度立ち上げたい。」
彼がその話を聞いたのは一昨年9月のことだった。旅行会社から「以前一度失敗し撤退したが、今後のビジネス拡大に向けて、社運を賭けてリベンジしたい」というシステム開発の依頼。クレスコはこれまで旅行関連のシステム開発に多く携わっている手腕を買われて提案の機会を得た。だが、提案依頼書から推測されるシステムの規模の大きさに正直驚きを隠せなかった。
「それは旅行会社の宿泊事業者向けWebサービスで、宿泊施設側がサイトに商品を登録し、お客様に販売できるだけでなく、宿泊施設側で宿泊プランの登録や変更、その後の管理までを一貫して行います。さらに消費者の行動分析もできるので次の戦略も立てやすく、宿泊事業者にとってのメリットは大きくなります。」
大規模なシステム開発でありながら、それにもまして驚かされたのは短い開発期間だった。リリースはたった10ヵ月後の翌年7月1日。クレスコでもこの期間でこの規模の開発は例がなく、周囲からは「無理だろう」という声が上がった。
「このときはプロジェクトマネジャー(以下、PM)になりたてで、いつかは自分の手で顧客を開拓したいという想いがあり、目の前のチャンスを『決めたい』という気持ちは拭いきれずに腹をくくりました。」
彼は営業とともに、あらゆる角度から提案書を練り上げ、お客様にプレゼン。渾身の提案書は顧客の心を掴み、見事受注を射止めた。

攻めの提案でプロジェクトを推し進める

ゴールは明確でも道のりは多難。プロジェクトのスタートから苦労は多かった。
「最初に大変だったのは人を集めること。開発メンバー約30名を採用せねばならず、募集、面接、採用後のレクチャーに至るまで、部署をあげて協力していただきました。」
また、このプロジェクトのステークホルダーは、お客様、コンサル、他のシステムに関わるベンダー…と数多く、それらの意見を調整するのも一筋縄ではいかなかった。
「詳細のニーズをヒアリングしても、それぞれの立場で意見はバラバラ。これではリリースに間に合わないと思い、要望を聞くよりも『こういうシステムにしましょう』という提案型で進めることで時間短縮を図りました。」
彼はメンバーと日夜、提案資料を作り込み、説明と交渉を行う日々が続いた。お客様は新規顧客のため、顧客理解だけでも相当な時間を要する。しかし、ここで根気強くお客様やパートナーと向き合えたことで、全員のベクトルは徐々に定まり、要件定義、設計書がまとめられていった。

プロジェクトの一番の理解者として統括PMに抜擢

開発~テストフェーズでは、宿泊施設向けシステム、コンシューマー向けシステム、現行システムと外部システムを接続する3つのチームに分けられ、各チームにPMが立てられ、その全てを率いるのが彼だった。プロジェクトに一番精通していたものの、新人PMがいきなり統括PMになるというのは、大抜擢であり異例なケースだ。
4月のテスト段階では、PMはMax6名、プロジェクトメンバーは50名に膨れ上がっていた。タイトなスケジュールの中で、誰もが休み時間を惜しんで仕事をしていたため、彼はできる限りメンバーのモチベーションの維持に注力し、現場の雰囲気にも注意を払っていた。
「メンバーを同じベクトルに向かわせるために、プロジェクトのビジョン共有を毎月全員集めて繰り返し行いました。お客様のプロジェクトに賭ける想い、将来の旅行業界の進化を支えるプロジェクトの意義を再確認するためです。また日報メールを全員に書いてもらうことで、現場の把握やメンバーの即時フォローにも努めました。」
まだゴールは見えない段階でも、社運を賭けた新ビジネスをつくりあげる責任、旅行業界に新風を吹かせるシステム構築への挑戦に、メンバーの気持ちはひとつになっていった。

最終段階での仕様変更

そこでシナリオを覆す予想外の事態が起こる。設計段階では認識の違いが起きないように、完成イメージをお客様に見てもらいながら進められていた。それにもかかわらずイメージの全貌が掴めるようになると、さらなるアイデアや要望があがってきた。
「最終段階においての仕様変更は200近くにのぼり、メンバー全員に緊張が走りました。お客様としても社運を賭けたシステムへの強い想いから必死の懇願でもありましたが、すべて変更していては7月1日のリリースには間に合いません。私はリリースまでに変更すべき妥協点を探るための話し合いと、どこかのチームで必ず起きる問題の解決に奔走する日々が続きました。」
なんとか妥協点を見出すも、当然クレスコだけのテストでは間に合わず、お客様もユーザーテストに参加。最終的にはメンバーや関係者全員が一丸となって助け合い、本気になって乗り越えたという言葉しか浮かばなかったという。

感謝の言葉がなによりパワーになる

7月1日、いよいよサービス立ち上げの日、お客様からの「今までで一番スムーズにいったリリースだった」という感謝の言葉に、彼はホッと胸を撫で下ろした。宿泊事業者からも「使いやすい」という言葉をいただき、リリース後の品質も高く評価され、彼は「開発者冥利につきます」と笑顔で語った。
新たなビジネスモデルの核とも言えるこのシステムで、お客様である旅行代理店は、3年後までに数百億円の売上げ目標を掲げている。このシステムに関わる顧客営業担当も当初は数十名だったが、現在では100名体制となり、今後の旅行市場を牽引するビジネスへの発展を目指している。
「今後は一人じゃできない仕事を成し遂げることで、自分自身をもっと成長させていきたいですね。この規模のプロジェクトを堂々とこなすために必要なのは、マネジメントスキル、先見力、統率力…、足りないものはいっぱいあります。次なる進化を追い続ける存在だからこそ、自分を磨き、進化させ続けなければなりませんね。」
最後に、こうも付け加えた。
「プロジェクト期間中は、休みの日に子供と公園に行っても、正直メールが気になって仕方がなかった(笑)。今後はもっとメリハリつけて、家族サービスにも力を入れていきたいですね。」
※内容はインタビュー当時のものです。