ホーム > 社員の声 > PROJECT STORY 03

設計・開発プロセスから安心・安全レベルを高める 安全性や信頼性を向上させる機能安全への挑戦

クリティカルな領域でニーズの高まる機能安全への挑戦

日本では、まだあまり知名度が高くない“機能安全”。近年、制御分野ではハードとソフトが複雑に構成され、未知の突発的トラブルが発生するようになった。そのため、確率や統計学をもとに危険リスクを許容レベルにまで低減させる機能安全が重視されるようになり、鉄道システム、航空機、自動車、医療機器など、クリティカルな開発分野で適用が始まっている。

組込みエンジニアから機能開発の世界へ

「“機能安全”をやってみないか?」
入社以来3年間、カーオーディオ開発に打ち込んできた彼は、当初この仕事の意味すらあまり知らなかったという。
「それは某自動車メーカーの品質担当からの依頼でした。自動車メーカーは欧米に自動車を輸出する際、“機能安全”の国際基準を満たしている必要があり、多種多様な制御システム開発の実績があるクレスコに、電子制御における開発・製造プロセスがその基準を満たしているかどうか、第三者の立場で監査(チェック)してほしいというものでした。」
とはいえ彼にとって、これまで経験してきた開発の仕事とはまったく違う未知の領域だ。
「私はブレーキ設計の担当になりましたが、自分の担当領域だけを理解すれば済むものではありません。まず、国際基準である『ISO26262※』という全編英語で書かれた膨大な規格書を読み解き、数万点にのぼる自動車部品を統合・制御するためのシステム内容や背景、開発プロセスの把握、部品単位での厳格な管理ルールや開発する組織の構成を理解し、開発全体を見渡す必要があります。やるからには中途半端はイヤ。こんなにガムシャラに勉強したのは大学受験以来かもしれませんね(笑)」
この仕事のゴールは、ブレーキ設計・開発における機能安全に準拠したプロセスの策定であり、具体的なアウトプットは、国際規格に則ったチェックリストやガイドラインの作成だった。なかでも困難を極めたのは、ISOの解釈だった。
「“従来のお客様のやり方”と“ISO規格を遵守したやり方”の違いや意図をうまく伝えられずに意見が衝突したり、突き返されたこともありました。でも、大事なのは対話。規格の本質を踏まえて私たちの解釈を丁寧に説明していくことで、お客様の姿勢も前向きになっていきました。」
※ISO26262:自動車の電気・電子システムの機能不全で生じるリスクをなくすために、安全機能を設けて危険を許容可能なレベルに低減させるという考え方である機能安全の中で、アプリケーション分野における固有のニーズに準拠するように策定された、量産乗用車に適用されるISOの国際規格。

新プロジェクトの依頼は信頼を勝ち得た証

こうして開始から丸2年を経て、プロジェクトは完了を迎えた。「最後に『あなたのおかげで本当に助かった。ありがとう』という言葉をいただき、苦労も吹き飛びました。」
この言葉が社交辞令でないことは、次のプロジェクトを依頼されたことからも明らかだった。彼はその後、衝突防止のために搭載される、前方障害物を検出する装置の機能安全を任された。前回よりも規模の大きい、海外メーカーをも巻き込むプロジェクトだったが、無事完遂。彼は大きな自信をつけ、自動車メーカーとクレスコとの信頼関係も確固たるものとなって、現在では同メーカーの海外に生産を委託しているソフトウェアの監査を任されている。
「安全・信頼が重視される日本にとって、それを保証する“機能安全”が必要な領域は広がっています。たとえば介護用ロボットやパーソナルモビリティといった新市場でもビジネスチャンスは期待できます。責任の重さも感じますが、この市場開拓は自分に与えられたチャンスだと思っています。」
モノづくりを志してITの世界に飛び込んだ彼にとって、機能安全の仕事はまったくの想定外。でも今は「こういう仕事がしたかったんです」と笑顔で語った。
※内容はインタビュー当時のものです。